歯肉炎を改善する鼻うがいの方法と5つの注意点を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯肉炎を改善する鼻うがいの方法と5つの注意点を紹介

歯肉炎という歯の病気をご存知でしょうか?歯肉炎とは、細菌によって歯茎が炎症を起こし赤く腫れたり、出血したりする病気の一種です。

 

歯肉炎自体は重度な病状ではないため、大抵はきちんと歯磨きを行えば治すことができます。

 

しかし、歯肉炎のような歯の病気は意外な原因で発症することがあります。その意外な原因とは「口呼吸」です。

 

実は、口呼吸になることで歯肉炎が起きやすくなり、さらには悪化を促進させる可能性が非常に高くなります。

 

歯肉炎を改善するのであれば、鼻のケアも同時に行うと良いでしょう。その改善方法として最も効果が期待できるケアは「鼻うがい」です。

 

正しい知識を持って鼻うがいを行うことで口呼吸が改善されると同時に、歯肉炎の予防にも繋げることができます。

 

本記事では、歯肉炎になる原因と正しい鼻うがいの方法、5つの注意点をご紹介します。

 

歯肉炎の改善をより効果的にするために、まずは歯肉炎が起きる原因から把握していきましょう。

 

歯肉炎が起きる原因

今や、日本人の約8割程度が歯肉炎を起こしいると言います。歯肉炎は、子どもから大人まで年齢を問わず、誰もが起こす可能性がある歯の病気です。

 

見た目の変化や痛みがほとんどないため、多くの人が歯肉炎が起きていることに気づきません。また、大した病気ではないと安易に受け止めてしまうと、後々大変なことになるのが歯肉炎の恐ろしさです。

 

まずは、歯肉炎について正しく理解を深めてから改善することをおすすめします。

 

ここでは、歯肉炎が起こる原因と、口呼吸がどのように歯の病気に影響を与えるのかご説明した後に、歯周病についても簡単に触れますので、ぜひ参考にしてください。

歯肉炎が起こる原因

 

歯肉炎が起こる主な原因は、歯垢(プラーク)が蓄積することです。

 

歯垢とは、口の中にいる約400種類の細菌が集まってできた塊で、白色か薄い黄色の見た目をしており、指で触るとネバネバしています。

 

歯垢は、うがいで洗い流すことができないほど歯にしっかりと付着しているので、歯磨きでなければ綺麗に除去することができません。

 

歯垢の中の細菌の毒素や酵素が、歯を支える組織を刺激することで歯茎が炎症を起こし、さらには出血しやすくなります。

 

歯肉炎をそのまま放置していると、「歯周病」にまで病状が進行しますので、見た目の変化や痛みがないからといって決して安易に受け止めないようにしましょう。

口呼吸がどのように歯の病気に影響を与えるのか

 

前述したとおり、鼻づまりが起こり口呼吸になることで歯肉炎が起きやすくなり、さらには病状を悪化させる原因になります。

 

口呼吸は口の中を乾燥させ、さらに唾液の分泌を減少させます。

 

歯垢の中の細菌は、乾燥をとても好みます。細菌にとって唾液の分泌が少ない乾燥した口の中は、活発に働ける最適な環境であるというわけです。

 

活発に働けば働くほど、どんどん細菌は増殖されます。そのような状態になることで歯肉炎が起きやすくなり、病状もより悪化してしまうのです。

 

口呼吸は歯肉炎に限らず、風邪やインフルエンザといった病気も起こしやすくなるため、「鼻の調子が悪くなる=歯や体の調子も悪くなる」と考えてよいでしょう。

歯周病の恐さ

 

歯肉炎の恐さは見た目の変化がないことや、痛みをほとんど感じないことだけではありません。

 

歯肉炎の本当の恐さは、「歯周病になる手前である」ということです。

 

歯肉炎が悪化すると歯周炎へと病状が重症化し、さらに進行すると歯周病になります。

 

基本的に歯周病になると、元の状態に戻ることは決してありません。

 

歯周病は歯の周りの組織を徐々に破壊していき、最悪の場合、歯が欠けたり、抜けたりする恐ろしい病気です。

 

そのため、症状が軽い歯肉炎のうちに必ず治さなければなりません。

 

鼻うがいで歯肉炎を改善しよう

ここでは、口呼吸になる原因と、正しい鼻うがいの方法について詳しくご紹介します。

 

口呼吸になる原因も鼻うがいと同様にしっかり知ることで、より病気の予防に繋げることができるかもしれません。

 

正しい知識を持って、ぜひ歯肉炎の予防に役立ててください。

口呼吸になる原因

 

口呼吸になる主な原因は「鼻づまり」です。鼻がつまることで空気の通り道が塞がり、鼻での呼吸が困難になります。

 

鼻をつまらせる具体的な原因は、以下のようなものが考えられます。

 

  • 鼻水が固まっている、もしくは溜まっている
  • 鼻の粘膜が腫れている
  • 鼻茸(鼻ポリープ)ができている
  • 上咽頭が炎症を起こしている

 

多くの人は鼻水が固まったり、溜まったりして空気の通り道が塞がり、口呼吸になると考えていますが、実はそれだけではありません。

 

鼻づまりは、鼻の中の一部が腫れ上がり気道を塞ぐことがほとんどです。

 

さらに、鼻づまりを起こす原因は、次のようなものがあります。

 

  • 風邪やインフルエンザ
  • アレルギー性鼻炎
  • 上咽頭炎
  • 副鼻腔炎
  • 膿や頑固な鼻水

 

外的要因である病原菌や異物を鼻呼吸で吸い込んでしまい、粘膜に付着することで鼻づまりが起こります。

 

例え、病原菌や異物を取り込んでしまったとしても、鼻うがいを行いきちんとケアすることで鼻づまりを防ぐことができるでしょう。

鼻うがいの方法

 

鼻うがいの最も効果的な方法は、洗浄器具と洗浄液のもとを使うことです。

 

洗浄器具を使うと水圧のコントロールができるので、スムーズな鼻の洗浄を行うことができます。また、洗浄液のもとを使えば痛みがなく、気持ち良さや爽快さを感じられます。

 

洗浄器具と洗浄液のもとは市販されており、子ども用から大人用とサイズ展開もしてあるので、気軽に生活の中に取り入れることができるでしょう。

 

中にはコップや、ストローを使って鼻うがいをする人もいらっしゃいます。しかし、効果的な鼻うがいができない可能性があるため、初めは洗浄器具と洗浄液のもとを揃えると良いでしょう。

 

洗浄器具と洗浄液のもとを揃えたら、次のような手順で鼻うがいを行います。

 

  1. 水200〜300ccを沸騰させ、人肌まで温度が下がったら洗浄液のもとを入れて溶かす
  2. 洗浄器具に洗浄液を入れ、鼻の穴に先端を挿し込む
  3. 少し前傾姿勢になり、洗浄液をゆっくり流し込む
  4. 「あー」と声を出しながら、洗浄液を流し切る
  5. 反対の鼻からも同じように、洗浄液を流し込み綺麗にする

 

鼻うがいの良いところは、鼻の突き当たりにある上咽頭も洗い流せることです。

 

上咽頭は目では確認できない部位であり、さらに粘膜に付着した病原菌は鼻をかんでも取り除くことはできません。

 

そのため、鼻うがいで上咽頭にまで入り込んだ病原菌を取り除くのです。

 

鼻うがいを行うことで口呼吸が改善できると同時に、歯肉炎の予防にも繋がるため、定期的に鼻の中を洗い流し綺麗な状態を保つように心がけましょう。

鼻うがいの5つの注意点

鼻うがいを行う際には、5つの注意点があります。間違ったやり方で鼻うがいを行うと、鼻に痛みが生じ、中耳炎になる恐れがあるため注意が必要です。

 

最初は難しく思うかもしれませんが、回数を重ねることで、すぐにできるようになるので安心して鼻うがいを行ってみてください。ここでは、鼻うがいの5つの注意点をご紹介します。

塩を使わず鼻うがいをすると痛みを感じる

 

鼻うがいは、必ず「」を使います。塩を使わず真水を鼻の中に流し込むと、浸透圧の違いからツンとした痛みを感じます。

 

市販の鼻うがい用の洗浄液には、必ず塩が添加されており、塩分を含んだ洗浄液が鼻の中に流れ込んできたとしても、痛みを感じることがありません。

 

市販の洗浄液のもとは、塩と重曹が1回分ずつ小分けされています。塩以外にも重曹が入ることで洗浄液の通りが良くなるため、初めは市販の洗浄液のもとを使うと良いでしょう。

 

鼻うがい中に顔を上げると中耳炎になる恐れがある

 

鼻の中に洗浄液を流し込んでいる間は、上を向く行為は避けましょう。洗浄中に大きく上を向くように顔を上げると、洗浄液が耳に流れ込み中耳炎になる恐れがあります。

 

前述したとおりに、前傾姿勢で鼻うがいを行うことが大切です。前傾姿勢を保った状態で鼻うがいをすることで、洗浄液が耳に流れ込むことがありません。

洗浄中に唾を飲み込むと中耳炎になる恐れがある

 

鼻うがい中は、唾を飲み込まないようにしましょう。洗浄液を流し込んでいる最中に唾を飲み込むと、中耳炎になる恐れがあります。

 

鼻の中に洗浄液を流し込んでいる間は、唾を飲み込まないようにするために「あー」と声を出すように心がけましょう。

鼻うがいの回数を増やしすぎない

 

鼻うがいの適正回数は、1日に2回程度です。鼻うがいの回数を増やしすぎると、鼻の中の粘膜を痛める恐れがあります。鼻の粘膜はとても繊細なため、鼻うがいの回数を増やしすぎないように心がけましょう。

鼻うがい後に鼻を強くかまない

 

鼻うがい後は、強く鼻をかまないようにしましょう。鼻うがいを終えた後に、鼻を強くかむことで洗浄液が耳に流れ込み、中耳炎になる恐れがあります。

 

鼻の中に洗浄液が残る可能性もありますが、その場合は優しく鼻をかむようにして洗浄液を取り除きましょう。

 

まとめ

 

本記事では、歯肉炎が起こる原因、歯肉炎と口呼吸の関係性、そして鼻うがいの方法と5つの注意点についてご紹介しましたが、参考になりましでしょうか?

 

歯肉炎は見た目の変化と痛みがないため、気づきにくい歯の病気ではありますが、きちんと歯磨きを行えば治すことが可能です。

 

しかし、歯肉炎を放っておくと、やがて歯周病にまで悪化します。歯周病は歯を失う可能性が高い病気でもあり、完全に治ることがありません。

 

歯周病にならないように、歯肉炎の段階で改善していくようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加